解約時

学資保険を見積もりする際の注意点

今の子育て世代は学歴重視の時代を生き抜いた親が多く、子供に対する教育に強い関心を持っていると言えます。

小さな頃から習い事を始めたり、塾に通うのが当たり前の時代になっています。
そういった環境の中で親たちは、教育資金を確保していかなければいけません。

特に大学入試の際には、受験料、入学金、授業料、場合によっては仕送りなど多くの費用がかかります。

そのため学資保険のお祝い金の受け取り時期は、17歳から18歳のときに多く受けとるようにプランニングされている場合が多いです。

学資保険の加入を検討している場合、見積もりの際に必ず受け取り時期がいつになっているのかを把握してから契約しましょう。

その他に気を付けなければいけない点は、返戻率の確認です。
返戻率とは、保険料の支払い総額とお祝い金の受け取り額が同じだった場合、100%として考えられます。

100%以上のものは貯蓄性が高く、100%以下のものは元本割れとなり損をしてしまいます。
元本割れをしてしまう学資保険は、子供の医療保証や死亡保障などが付帯している場合が多いです。
医療保証がいるか、要らないかをまず検討して加入しましょう。

今、学資保険は貯蓄重視で加入するケースが多いため、返戻率は各保険会社によって異なります。
また支払い方法やお祝い金の受け取り方によっても返戻率が変わってくるので、様々な見積もりをたててから検討しましょう。

そして最後に、学資保険では契約者に万が一のことがあったときに、保険料の免除とお祝い金の受け取りが保障されています。

死亡した場合、どの保険会社でも適応されることがほとんどです。
それ以外の重度の障害などを抱えた時、保険料の免除の対象になる場合とそうでない場合 があります。
加入するときは、どのような場合に免除になるのかを見積もりの際に確認しましょう。

このように、返戻率、受け取り時期、万が一の時の保障条件を見積もりの際には確認しておくことが大切な事になっています。

↓人気の高い学資保険