解約時

プランの決め方

子育て世代の家庭にとって学資保険の加入は必ず話題になっている場合が多いです。
将来の教育資金として加入する家庭が多いため、多くの保険会社で取り扱っている保険内容です。

各保険会社によって特徴も異なるため、実際加入するときにはどれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
そこでどのような基準で選んだらいいのでしょうか。
人によって判断基準は異なりますが、支払金額、受け取り総額、保険内容、返戻率などがあげられます。

特に重要視されるものの一つに学資保険のプランがあげられます。
学資保険を決める際に、将来の教育資金をどれだけ必要なのか、その金額をどのように貯蓄するのかプランニングする必要があります。
ただ漠然と決めたとしても、いざという時に足りない、支払いができなくなる場合もあります。
そうならないためにも、各保険会社で家庭の今後必要になるお金のプランニングをしてくれるところが多いです。
そちらを参考にしたうえで、無理なく支払いができるプランを選択しましょう。

学資保険のほとんどは途中解約http://homelinks.jp/okanehamodoxtutekuru.htmlしてしまうと、元本割れをして損をしてしまいます。
貯蓄目的で始めた学資保険で損をしてしまっては本末転倒です。

そこでプランを選ぶ時には、どの会社でも共通して言えることがあります。
まず一つ目は貯蓄性を重視するのではあれば、支払い期間を短くする、または年払いにすることです。
学資保険の場合は、契約者に万が一のことが起こった時に、支払いの免除を受けることができます。
支払い期間が短い場合や年払いにすることで、保険会社は保険料免除のリスクが低くなります。
その分、返戻率を高くすることが可能になります。

もう一つの共通点は受け取り時期です。
受け取り時期が幼稚園から大学までそれぞれの入学に合わせた場合と、大学入試に比重を合わせたプランに分かれます。

分割してもらう方が返戻率が低くなっている場合が多く、まとまって大きく受け取る学資保険の方が返戻率が高いです。

学資保険を貯蓄目的で加入する場合は、返戻率が高いプランを選択しましょう。