解約時

学資保険と銀行の関係

学資保険は子育て世代にとって需要が高まっている保険です。
将来必要になる教育資金を貯蓄する目的で学資保険に加入する場合が多いです。

ハイリスクハイリターンで貯蓄を増やすことができる方法もあります。
しかし知識不足などによって元本割れを起こしてしまう可能性があります。

貯蓄目的の場合は、元本割れをせずに、なるべく多くの利息を得たいと思うのが当たり前でしょう。

貯蓄を目的で教育資金を確保する方法として比較されるのが、学資保険と銀行預金です。
この二つはどのような違いがあるのでしょうか。

学資保険の保障内容として一番のメリットは、契約者に万が一のことがあったときの保証です。
学資保険の契約者は、主な生計者が契約をすることが多いです。
それは、生計者に万が一のことがあった場合、収入源を失うことになり、将来の教育資金を確保することが難しくなります。
学資保険では、契約者に万が一のことがあったとき、保険料の免除を受けることができます。
そして同時に、お祝い金も満額受けとることができます。
子供が小さい頃はどちらか一方の収入に頼る形になることが多いので、安心して子育てをすることができます。

もしも銀行預金であれば、その時点で貯蓄ができなくなり、将来の教育資金が少なくなってしまいます。
銀行での貯蓄と学資保険の一番の違いになるといえます。

また銀行の場合は、破綻しても1000万円の保証があります。
学資保険の場合、破綻すると違う保険会社が引き継ぎを行う場合が多いです。
そういった点に対して不安を感じる人も多いでしょう。

ただし、低金利の状態が続いているため銀行に定期で預けても利息は少ないのが現状です。
学資保険は100%以上の返戻率であれば、元本より多いお祝い金を受けとることができます。

学資保険の場合は契約した当初の返戻率http://www.dunbarsite.org/hennreiritu.htmlが適応されます。
そのためインフレなどに対応できないというデメリットがあります。
自分達の家庭にあった方法で上手に貯蓄していきましょう。